48歳を超えても諦めなかった男の人生の結末と学ぶべきこと

あなたは人生で挫折し、夢を諦めたことはありませんか?

 

本当は諦めたくなかった。逃げたくなかった。
諦め、逃げてしまった日のことを後悔している。

しかしもう終わったわけではない。

あなたはまだ生きている。
まだチャンスは残っている。

 

どんなに辛い状況でも、結果が出なくてもまだ頑張ろう。
そう思える男の人生が話題になっている。

 

まずはこちらの記事を読んでください。
48歳で課長になれなかった男の「以後の人生」

 

人は一生の中で、何かに心を揺さぶられる出来事とは何回あるでしょう?
48歳で課長になれなかった男の「以後の人生」を読んだとき、私は身震いしました。

 

「なにを課長くらいで大げさな。」と笑う人もいるかもしれない。
社長や、大きな目標を掲げている人には、ちっぽけにみえるでしょう。

しかし私は、課長という目標に身震いしたのではない。
生き様に身震いしました。

表現するのに引用句をつかうことは浅はかに思われるかもしれないが、ポール・ニザンの「アデン・アラビア」の冒頭句が思い浮かびました。

「ぼくは二十歳だった。それがひとの一生でいちばん美しい年齢だなどとだれにも言わせまい。」

 

実際にやってのける人がいるのだと、私は強く感銘を受けた。
感銘を受けたのも、私が社会に出て、現実の厳しさを知り、諦めの心を持ち合わせていたからかもしれない。
しかし、これほどまでに勇気づけられる内容があるだろうか。

「人生は何事もなさぬにはあまりにも長いが、何事かをなすにはあまりにも短い。」山月記
という一節がある。

 

だが、人生に花を咲かせるのに遅いなんてことはない。
何歳になろうと、人生はまだこれからなのだ。
私はまだ美しく生きられる。
私はまだ高く飛べる。
飛ぼうとする勇気がなかっただけなのだ。

「結果が出ないのは才能がないから。」
「頑張ったところで、報われるかわからないから。」

 

人は何かを断念するときに理由をつける。
なぜなら、その方が楽だから。

自分で逃げ道を作らず、諦めないでほしい。
諦める理由を、他の何かのせいにしないでほしい。

目標を持つことは希望だ。
止まってもいい。
休んでもいい。
でも決して、歩くことはやめないでほしい。

あなたはきっと高く飛べる。

この記事を読んだ誰かの勇気になることを願います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。