【基礎編】簡単!メリットとデメリットを伝え、購入に導く文章テクニック

シェアする

ウェブや本、雑誌などでは「タイトルや見出しで全てが決まる」と言われるほど大事なパート。
キャッチコピーも同様に短いたった一言でどれだけ多くの人を惹きつけるかがカギとなっている。

そこでこちらでは、見出し、タイトルで使えばすぐに効果がでる文章テクニックをご紹介!

こちらは基礎編なので、今すぐに実践したい!誰でも簡単にすぐに効果がでる!と言われている簡単な文章テクニックを中心に紹介しています。

それではどうぞ!

【文章と文章、単語を入れ替えるだけで意味が変わるテクニック】

そう。上記のとおり、文章を入れ替えるだけで相手に伝わる印象がまったく異なるんです。

他にも例を出すと、
A「デザインがダサいけど欲しい」

B「欲しいけどデザインがダサい」

この2つの発言はどうでしょう?
AとBを比べるとどちらの方がこのあと買ってくれそうな人の雰囲気を感じますか?

Aの発言をした人の方が買ってくれそうと感じたかと思います。

これは一般的な手法にも関わらずとても効果的で、
商品やサービスなどの「メリット」と「デメリット」を同時に伝えるときに役立つテクニックとしてよく使われます。

この文章テクニックは簡単な仕組みで、
「はじめの言葉」よりも「終わりの文章」の方が強く人の記憶に残りやすい、
という心理を利用したテクニック。

他にも例を出すと、
A
このサービスは
「慣れるまで時間がかかりますが、とても便利です。」

B
このサービスは
「とても便利ですが、慣れるまで時間がかかります」

どうでしょうか?Aの方が良いサービスと感じませんか?

つまり、
相手に印象を強く持ってほしい言葉を最後に言うだけ。

「デメリット」を先に言い、「メリット」を後に伝え、商品やサービスに対して良い印象を与えることが可能なんです。

※テクニックは今後も定期的に追加予定