JASRACが音楽教室から著作権料徴収で批判殺到!みんなの意見を集めてみた

シェアする

2017年2月2日、日本音楽著作権協会(JASRAC)が「ヤマハ音楽教室」など楽器の演奏等を教える音楽教室から著作権料を徴収する方向で検討していると発表し、教室を運営する業界や一部の音楽業界、一般の人々から批判が殺到し炎上している。

【詳細なニュースはこちら】
JASRAC、音楽教室から著作権料徴収へ 業界は反発「演奏権及ばない」

「音楽業界を衰退させる」「音楽教室に通っている生徒たちは音楽を聴きに来ているのではなく、習いに来ているので間違っている」という声が大きい。

また、こんな主張もある。

【引用】
CD売り上げの減少を受け、徴収額を確保するためにカラオケやスナック、フィットネスクラブのBGMからカルチャーセンターの楽器講座からも音楽演奏からも著作権料を徴収してきたJASRAC。

幹部が「演奏権の対象の中で取りこぼしてきた最後の市場」と発言するなど、既に著作権保護という大目的が二の次になっていることを隠しもしません。

しかもJASRACから著作権者であるはずのアーティストへの還元が極めて不透明であることなどから、単なる金の亡者であるという批判は前世紀から続いています。

【詳細なニュースはこちら】
JASRAC「CDの売り上げ落ちて儲けが減ったから音楽教室からも著作権料徴収するよ!」→強欲すぎて大炎上

著作者であるアーティスト達を守るというより、自分たちのお金儲けのためにアーティストの著作権を利用している。

と、批判する人も数多くいる。

こちらでは、
「JASRACが音楽教室から著作権料徴収」に関して、話題になっているツイートをいくつかご紹介!